FC2ブログ
手作りグッズでウガンダ共和国の人気アップを企てるプロジェクト活動日記です。

2018/11123456789101112131415161718192021222324252627282930312019/01

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ウガンダでの密度の濃い10日間を終えて無事帰国しました。
現地からたくさんの写真を交えたレポートをお送りする気満々で出発しましたが、あるはずのWi-fiがちっとも使えず、帰国後の振り返りになってしまいました。
ナントンゴ・グループで手芸トレーニング

1月14日滞在したホテルの庭にて、ジョイス、サラ、ママ・ジョアンとその娘のジャスティンと作品作りを行いました。

安定して作品を作ってくれているジョイスおばあちゃん。今回は、シュービル(ハシビロコウ)の魅力アップの為に、目をくぼませて、オデコを膨らませる方法を練習しました。ちょっと怒っているような表情に近づけたいのです。

どうかしら?
昨年サラはお仕事で疲れ過ぎ、参加できませんでしたが、今年は約束どおりに頑張ってくれました。

ブランケットステッチが得意なサラは、以前はゾウの担当でしたが、ゾウのサンプルと型紙を無くしてしまったと白状しました。今回はブタの担当になってもらいました。

ほぼサンプルどおりに仕上げてくれました。前足が大き過ぎるのだけ、次回気をつけてくださいね。
色使いに絶対の信頼を寄せているママ・ジョアンは、今年も娘のジャスティンと一緒に来てくれました。

このジャスティンちゃん、2009年に初めてウガンダメンバーを募った時には8歳で、ダンスを披露してくれたのでした。
ホームページのNGU結成日記で、そのキュートな姿がご覧になれます。http://nantongo.net/ngu4.html
左下の写真の右端の小さな子がジャスティンちゃんです。ナントンゴおばさんも歳を取るはずですねー。
さて本題に戻り、相変わらず、ママ・ジョアンのアクセサリーの色は素敵です。意表をついて、モノトーンのアフリカ布とペーパービーズを組み合わせたり、赤に黄色を挟んだり、なかなか思いつかない色使いです。

この日は暗くなるまで作品を作り、帰国直前までの数日間、出来るだけたくさん作り続けてもらう事にしました。
1月19日ジョイスおばあちゃんのお宅に作品を受け取りに行きました。


ん?この写真はジョイスさん?卒業式ですか?
3年前にナントンゴ・プロジェクトの日本の会員さんからお預かりした寄付金で、ミシンを購入していましたが、ミシンの技術トレーニングコースを修了したとのことです。嬉しいサプライズでした。
お孫さん達は、とっても愛らしく、ガンダ語でジャガイモの単数形と複数形をどう言うか、ナントンゴに教えてくれました。

この子達もジャスティンちゃんみたいに、どんな素敵なお姉さんお兄さんに育って行くのでしょう。
また来年、その後もお会いしたいわーと楽しみが増えました。ジョイスのミシン作品も楽しみです。
フェイスブックやインスタグラムの手軽さに甘んじて、すっかりブログの更新が疎かになっておりました。頂いた年賀状で、ブログを通してナントンゴの活動を見守っくださる方々がいらっしゃる事を再認識いたしました。不義理をして申し訳ございませんでした。
2017年は「月イチ・ナントンゴ・カフェ」と称して、葛飾区立石の昭和民家を改装したフリースペース「自由の庭」において、毎月第3土曜日にカフェ&マルシェを開催して参りました。一般のお客様に、美味しいカレーランチやマッサージ等の癒しコーナーとマルシェでのお買い物を楽しんでいただきながら、ナントンゴの活動をアピールする場を作るというコンセプトです。
すっかり看板になった写真のカレーは、ナントンゴ会員の方が毎月具材を変えてメニューを工夫して、前日から準備して提供してくだっています。
マルシェは、北海道、新潟、広島から直送の農産品を良心的な価格で販売しています。お洒落で可愛い南アフリカのグッズも、ここでしか手に入りませんし、2階の癒しコーナーでは、バリマッサージやイトオテルミー温熱療法の本格的な施術を気軽に体験する事ができます。
昨年の今頃は、どのような形になるか分からず手探りで開始しましたが、胸を張って宣伝できる充実した内容を実現でき、小規模ながら、毎月休まず開催できた事は、とても大きな自信になりました。調理担当の会員さんをはじめ、出店者それぞれが各自の技や、能力を惜しみなく提供してくださった事、毎月楽しみにご利用してくださったお客様からの励まし、「自由の庭」を提供してくださった大家さんとスペースの運営団体の皆さんのご協力、どれ一つ無くしても、月イチ・ナントンゴ・カフェは実現しませんでした。一人ひとりに本当に感謝しています。
さて、2018年も、ナントンゴ・カフェ&マルシェを継続したいと考えていますが、より充実した内容にすべく、年4回の開催と変更させていただきます。2月、5月、9月、12月に開催して、一回ずつ内容に変化を持たせて、告知もパワーアップしたいと思っています。
次回の開催は2月17日(土)です。
「ウガンダ映画プロジェクトinナントンゴ・カフェ」という、ワクワクする企画で開催します。ウガンダで映画製作を計画している内田俊介監督のショートフィルムを皆んなで見てウガンダの魅力や現状を分かち合いましょう。
その前に、ナントンゴは明後日から、10日間、ウガンダに行って参ります。ナントンゴからの最新作品のお披露目もできるかどうか、楽しみにしていてください。
長文になってしまい、申し訳ないです。本年も、ナントンゴとナントンゴ・プロジェクトをどうぞよろしくお願いいたします。
特定非営利活動法人ナントンゴ・プロジェクトは皆様の温かいご協力に支えられ、活動6年目を無事に終了いたしました。

5月20日の総会で2016年度の事業報告と決算が承認されました。以下に関連資料をリンクしますので、よろしければご覧ください。2016年度は、ルブゴの作品を一生懸命作り、カフェ&マルシェの開催を開始して、相変わらず規模が小さく、あたふたしながらも、楽しく充実した活動を行えました。応援してくださった皆様、作品を購入してくださった皆様、関わってくださった皆様一人ひとりに直接感謝の気持ちを伝えたいところですが、このような形で失礼します。有難うございます!
2016年度事業報告
2016年度財務諸表(活動計算書・貸借対照表・財産目録)
サポーター様への報告
ホームページからもご覧いただけます。
2017年度も引き続き、ウガンダの皆からも日本の皆様からも沢山の笑顔が見られるように活動してまいります。どうぞよろしくお願いします。
本日から千葉市動物公園の展望デッキ下売店にて、リニューアルして販売開始しております。本日は寒~い動物園で、お客様が少なく、お陰様で落ち着いて作業させていただけました。
久しぶりにブルーバードプロジェクトさんのフェルトハシビロコウも登場し、今でしたら黄色い目の若いコちゃんも青い目のオヤジビロさんも揃っております。

新登場のルブゴ(樹皮布)カードケースやスイカケースも少数ですけど置かせていただきました。

目印の看板もルブゴでリニューアルして、ハシビロコウの顔入りです。

これからは桜もお花見もできますし、皆様、どうぞ千葉市動物公園へお出かけください!
おかげさまで、4月1日から千葉市動物公園の展望デッキ下売店でのナントンゴ・グッズ販売を再開できる事が確実になりました。ご心配くださった皆様、どうも有難うございました。本日は2ヶ月ぶりにご挨拶に行って参りました。(本当は事務的な事で行きました。)

しずかさん、今後ともよろしくお願いします。
今日は気持ち良いお天気だったからでしょうか、草原ゾーンの動物達が皆、楽しげに動いていました。



こんなに美しい動物達のすぐ近くに作品を並べて、また皆様にご覧いただける事、本当に幸せです。
これからもアフリカの皆や、ナントンゴの作品をどうぞよろしくお願いいたします。
まとめ / Template by パソコン 初心者ガイド

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。