FC2ブログ

ウガンダの料理を食べてみた。

手作りグッズでウガンダ共和国の人気アップを企てるプロジェクト活動日記です。

2020/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312020/09

2011-3-6ugandanfoods
ナントンゴ・プロジェクトのメンバーとともに、ウガンダ料理をたべてみる会を行いました。ウガンダ人女性を招いてシェフになっていただきました。
「ウガンダでは何を食べてるの?」とよく聞かれるけど、上手に説明できないので、食べてみて貰うのが一番ですから。写真は、調理用バナナを蒸してマッシュしたものに、ドライ・フィッシュ入りピーナッツソースをかけたものと、オイルとスパイスを入れて炊いたご飯です。「バナナも米も主食にしている」という感じがやっとメンバー達にわかってもらえたようです。日本では、ウガンダの「マトケ」と呼ばれるバナナは入手できないので、フィリピン産の青いバナナを使用しました。また、ウガンダでは、バナナを蒸す時にも、煮込みを作る時にも、バナナの大きな葉っぱで、くるむのですが、この日は、なんと、スーパーのレジ袋を被せて蒸していました。故郷から遠く離れた地で、できる限り、お袋の味に近い料理を実現させている、ウガンダ人女性は、あっぱれでした。しかも、1歳2ヶ月の赤ちゃんをおぶった状態で、ほぼ一人で、短時間で、この他にも、ビーフ、チキン、ほうれん草のお料理を完成させてくれました。メンバー達は、お手伝いする気満々だったんですけど・・・。どうも、日本語で説明するより、ご自分の手を動かす方が、早かったようです。味や食材もさることながら、まな板を使わないで、肉や野菜を刻んだり、調理テクニックにも、文化の違いを発見できて、メンバーにとっては、なかなか良い機会になったようです。
一番、堪能したのは、キノコ王子のようでした。フィリピン産のバナナでも、受け入れられるんだって解りましたから、ナントンゴも作り方を覚えようと今更だけど思いました。でも、包丁で一本一本皮を剥くのは、結構大変で、手は、灰汁で真っ黒になるんです・・・。
2011-3-6ugandanfoods2
こちらは、フライド・チキンとサモサです。チキンはかなりディープに揚げてあります。
ウガンダでは、サモサはよく、スタンドで売っているポピュラーな食べ物ですが、このサモサは、実はインド料理店で、特別に作ってもらったものです。ナントンゴ・プロジェクトのメンバーの知合いのインド料理屋さんです。先日、冷凍食品をナントンゴが揚げて真っ黒になってしまったものと比べると、なんて立派なサモサでしょう!味も、ボリュームも申し分無し。
ということで、4月3日の葛飾さくら祭りでは、このサモサを販売する予定です。本当においしいので、皆に食べてみてもらいたいです。
スポンサーサイト



この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://nantongo.blog133.fc2.com/tb.php/83-bca72e14
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
 / Template by パソコン 初心者ガイド