FC2ブログ

イナゴの季節

手作りグッズでウガンダ共和国の人気アップを企てるプロジェクト活動日記です。

2020/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312020/09

grasshopper
クリスティーン姉さんからのメールに
「今年は、イナゴの季節を逃してしまったわね。」とありました。
そうでした。思い出させてくれて有難う。
今頃のウガンダでは、夜毎、夜空を照らす巨大なライトに何万匹のイナゴが吸い寄せられて捕獲されています。カンパラの市場では、脚と翅と触覚をもがれたイナゴ達が、フライにされて売られています。脚、翅をもがれても、まだ蠢いている新鮮なイナゴをその場でフライにしてるのを初めて見た時は恐怖でした・・・。最初は無理やり目を閉じて口を明けさせられて食べさせられたものでした。歯の間に挟まった触覚がいつまでも取れなくていやーな気持ちにはなりましたが、イナゴ・フライの美味しさにはびっくりしました。香ばしくて、ほんのり甘くて、食感的には、川海老の唐揚げでした。
それ以来、すっかりイナゴのファンです。しかし、旬の時でないと、売っていないし、売っていても、油がのってないというか、ぱさぱさというか、痩せているというか、美味しくないんです。
あーあ、今がシーズンだったら、今年はもう、美味しいイナゴは食べられないんですね。
ちなみに、日本のイナゴと種類が同じかどうかはわかりませんが、ガンダ語では、ンセネネと呼ばれています。茶色のンセネネと緑色のンセネネがありますが、味は色には関係無く同じようです。
スポンサーサイト



この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://nantongo.blog133.fc2.com/tb.php/4-d6c8da7b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
 / Template by パソコン 初心者ガイド