FC2ブログ

ハシビロコウTシャツのネット販売始めました

手作りグッズでウガンダ共和国の人気アップを企てるプロジェクト活動日記です。

2020/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312020/08

ウガンダ野生生物保護教育センター(Uganda Wildlife Conservation Education Center - UWEC)のハシビロコウ、スシくんをモデルにしたTシャツを販売する為に、ネットショップを開設しました。


UWECはエンテベ動物園(Entebbe Zoo)とも呼ばれ、ウガンダ国民からも観光客からも親しまれています。1950年代に密猟によって傷を負ったり、親を失ったりした動物を保護する施設として始まり、現在では、ウガンダの野生生物を生態系ごと観察できる、学習と観光を融合させたエコツーリズムの重要な拠点になっています。
2月にウガンダでUWECでスシくんに出会い、ハートを掴まれて帰国してから間もなく、COVID-19のせいでウガンダでロックダウンが行われている事を知りました。
ウガンダの皆とは電話やWhattsAppで連絡を取って無事だと分かりましたけど、経済はどうなってしまうのでしょう?
長引かない事を祈るばかりです。
そして、エンテベのUWECも3月27日から閉園に入ってしまいました。
海外からの観光客と、学校の遠足が主な収入源のUWECですが、250頭もの生物を飼育していて、その中には、ライオンやチータ等の肉食獣も像もキリンも、餌代だけでも1日にいったいいくら必要なのでしょう?


ハシビロコウのスシくんだって、美味しいビクトリア湖のお魚を毎日誰が運んでくれるのでしょう?その人達の生活費は?
と誰もが心配しますね。早速、UWECのフェイスブックページでもファンドレイジングの動画を公開しています。
お金以外にも、トラック一杯のアボカド等の農作物やウサギ等の家畜を餌として現物で寄付している地元企業の紹介等もあります。
ナントンゴ・プロジェクトとしても、なんとかスシくん達の役に立ちたいものです。
そこで、スシくんTシャツを作って売る事を考えました。
スシくんを皆さんに知って貰える上に、肖像権代金でスシくん達の役に立てるなら、とても良いのでは⁈
と思いついて、UWECのご担当者を探し、連絡をとったところ、賛同いただけました。


コストをかけられないので、自分で撮った写真を元に、イラストを作成し、印刷屋さんに発注して、さあ、手始めに千葉市動物公園に置いて貰おうと思いましたが、日本にも緊急事態宣言が出されてしまいました。
Tシャツの季節は始まってしまうし、ナントンゴ・カフェ等のイベントも当面計画できないし、という事で、必要に迫られて、ネットショップを開設した次第です。
兎にも角にも、一人でも多くの方に、スシくんの可愛さが伝わって、ウガンダの野生生物のことに思いを馳せていただけると嬉しいです。
スポンサーサイト



この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://nantongo.blog133.fc2.com/tb.php/249-2ec13310
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
 / Template by パソコン 初心者ガイド