FC2ブログ

ウガンダのナントンゴ・グループ2018

手作りグッズでウガンダ共和国の人気アップを企てるプロジェクト活動日記です。

2018/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312018/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ウガンダでの密度の濃い10日間を終えて無事帰国しました。
現地からたくさんの写真を交えたレポートをお送りする気満々で出発しましたが、あるはずのWi-fiがちっとも使えず、帰国後の振り返りになってしまいました。
ナントンゴ・グループで手芸トレーニング

1月14日滞在したホテルの庭にて、ジョイス、サラ、ママ・ジョアンとその娘のジャスティンと作品作りを行いました。

安定して作品を作ってくれているジョイスおばあちゃん。今回は、シュービル(ハシビロコウ)の魅力アップの為に、目をくぼませて、オデコを膨らませる方法を練習しました。ちょっと怒っているような表情に近づけたいのです。

どうかしら?
昨年サラはお仕事で疲れ過ぎ、参加できませんでしたが、今年は約束どおりに頑張ってくれました。

ブランケットステッチが得意なサラは、以前はゾウの担当でしたが、ゾウのサンプルと型紙を無くしてしまったと白状しました。今回はブタの担当になってもらいました。

ほぼサンプルどおりに仕上げてくれました。前足が大き過ぎるのだけ、次回気をつけてくださいね。
色使いに絶対の信頼を寄せているママ・ジョアンは、今年も娘のジャスティンと一緒に来てくれました。

このジャスティンちゃん、2009年に初めてウガンダメンバーを募った時には8歳で、ダンスを披露してくれたのでした。
ホームページのNGU結成日記で、そのキュートな姿がご覧になれます。http://nantongo.net/ngu4.html
左下の写真の右端の小さな子がジャスティンちゃんです。ナントンゴおばさんも歳を取るはずですねー。
さて本題に戻り、相変わらず、ママ・ジョアンのアクセサリーの色は素敵です。意表をついて、モノトーンのアフリカ布とペーパービーズを組み合わせたり、赤に黄色を挟んだり、なかなか思いつかない色使いです。

この日は暗くなるまで作品を作り、帰国直前までの数日間、出来るだけたくさん作り続けてもらう事にしました。
1月19日ジョイスおばあちゃんのお宅に作品を受け取りに行きました。


ん?この写真はジョイスさん?卒業式ですか?
3年前にナントンゴ・プロジェクトの日本の会員さんからお預かりした寄付金で、ミシンを購入していましたが、ミシンの技術トレーニングコースを修了したとのことです。嬉しいサプライズでした。
お孫さん達は、とっても愛らしく、ガンダ語でジャガイモの単数形と複数形をどう言うか、ナントンゴに教えてくれました。

この子達もジャスティンちゃんみたいに、どんな素敵なお姉さんお兄さんに育って行くのでしょう。
また来年、その後もお会いしたいわーと楽しみが増えました。ジョイスのミシン作品も楽しみです。
スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://nantongo.blog133.fc2.com/tb.php/235-708fdb3e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
まとめ / Template by パソコン 初心者ガイド

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。