野生のハシビロコウは楽園にいました。

手作りグッズでウガンダ共和国の人気アップを企てるプロジェクト活動日記です。

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
mabamba1
野生のハシビロコウ(Shoebill)に会いに行きました。ハシビロコウが観られるマバンバ湿地は、とても素敵な場所でした!

マバンバ湿地(Mabamba Bay Wetland)はカンパラから車で約2時間南下したビクトリア湖岸に位置し、ラムサール条約で保護される湿地として指定されています。交通の手配は、ウガンダの旅行社グリーンリーフ・ツーリスト・クラブさんにお願いしました。太陽が高く上って暑くなると、ハシビロコウは暑さを嫌って空高く飛んで行ってしまうとのことで、朝6時半頃にカンパラを出発しました。前半一時間は舗装された道を、後半は下のような赤土の道を行きます。
mabambaaccess.jpg

mabamba17.jpg
mabambasign.jpg
さあ着きました!ここがマバンバ!と示すものは、破れた案内板と地味な看板だけです。
mabamba6.jpg

ここが船着場。運河を航行するボートは、ビクトリア湖の島に暮らす人々の交通手段です。同じ運河を、手漕ぎボートで、ハシビロコウが出没するスポットまで連れて行ってもらいます。クリスティーン(キノコ王子のお姉さん)とキャロル(姪っ子)+男性のガイドさんのボート、キノコ王子とナントンゴと女性のガイドさんのボートの二艘のボートで出発です。
mabamba7.jpg
運河の両側はパピルスが繁り、ボート同士がギリギリすれ違うことができる程度の幅です。陸に着いたらボートから乗り換えるようで、バイクも乗せています。
ボートとすれ違う時以外は様々な鳥の鳴き声だけが聞こえます。
mabamba5
ガイドさんは遠くから次々に色んな種類の鳥を見つけては教えてくれます。
恥ずかしながら、ナントンゴは、ハシビロコウ以外の野鳥については何も知識が無く、教えてもらってもよくわかっていなかったのですが、愛鳥家だったら感激しているに違い無いです。
「右前方の茂みに、マラカイト・キングフィッシャーが休んでます。」
「左前方の水の上をアフリカン・ジャカナが歩いています。」
右を見たり空を見たり左を見たり忙しく、そうこうしている間に、パピルスの茂みから抜け出し、視界が開けました。葦のような草原に、可愛らしいウォーター・リリーが咲いています。
mabambalilly.jpg
そろそろハシビロコウがいるかもしれないという場所に来て、緊張していると、最初にキノコ王子が見つけました。日本に15年住んでいても視力は衰えていなかったようです。
「あっちだよ。」という先をじーっと見ているとグレーの固まりが見えてきました。
「あー、本当だ。」
mabamba4
「あー、こっち見てる!」私達に気付いているようですけど、全く動じず、逃げる様子はありません。
静かに漕ぎ進んで、よく観察できる位置まで近付かせてもらいます。
「お!、ダイブしました。」
mabamba2
「あら?成功したんでしょうか?」一瞬の事でよくわからず、写真もピントが合わず、よく見えませんが、何かをくわえているように見えませんか?これが肺魚では???
mabamba3
この後は、2,3歩移動して、私達に背中を向けてしまいました。新しい獲物を待っているようです。
しばし、後頭部を鑑賞しました。
mabamba8.jpg
あーいつまででも見ていたい。でも、日差しがだんだん強烈になってきたので、他の鳥達と景色を観ながら引き返すことにしました。
mabamba9.jpg
ウォーター・リリーの花は、朝は閉じていて、太陽が高く上ると、全開になるそうです。この葉の上をアフリカン・ジャカナは上手に歩きます。水の上を歩く鳥ということで、イエス・キリストになぞらえて『ジーザス・バード』とも呼ばれているそうです。ヒョコヒョコ歩く様子、下の写真でお伝えできるでしょうか。見渡す限り、水と緑の湿原と青い空の中、あちらこちらを鳥が歩いている様は、正に楽園です。
walkingbird
クリスティーン達のボートのガイドさんは「魚を捕まえたよー。」
と嬉しそうに言っています。
mabamba12.jpg
立派なティラピアと、小さめのナイル・パーチです。
mabambafish.jpg
釣り竿とか網とか何も用意してなかったのにどうやって捕まえたんでしょう。実は、漁師さんのボートとすれ違った時に、クリスティーンが買っていたのでした。お母さんへのお土産です。

さてさて地上に帰り着きました。出発した時と違って、賑わっています。
ビクトリア湖に浮かぶ「パイナップル島」からパイナップル屋さんが来たようです。
(←元は現地語の名前があった島ですが、パイナップル栽培が盛んになり、近年はこう呼ばれているとのガイドさんのお話でした。)
mabamba16.jpg
早速購入して、その場で切っていただきました。熟してから収穫しているので、ジューシーで甘くて美味しい!お母さんへのお土産が、増えました。

小さな管理事務所に寄って、サイン・ブックに、お礼のメッセージを書き、湿地の保全の為の献金をして、マバンバを後にしました。
ハシビロコウが棲む湿地は、楽園でした。皆さんも、ウガンダを訪れたら、是非行ってみて欲しいです。
スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://nantongo.blog133.fc2.com/tb.php/168-79b4180c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
まとめ  / Template by パソコン 初心者ガイド

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。