Nantongo News2014年02月

手作りグッズでウガンダ共和国の人気アップを企てるプロジェクト活動日記です。

2014/01123456789101112131415161718192021222324252627282014/03

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この迫力のシュービルは、甥っ子のヒラリーのマケレレ大学の友人、ロニくんが瓢箪に絵付けしました。


ウガンダに着くまで、ロニくんの存在は全く知らなかったのですが、クリスティンが目を付けていた別の方と、連絡がつかなくて困っていたら、甥っ子のヒラリーが紹介してくれました。試しに、買ったばかりの瓢箪と、日本から持参したアクリル絵具と筆を、ナントンゴが作成した見本と一緒に預けたところ、わずか一晩で、写真のシュービルを仕上げてくれました。ナントンゴ作の見本が肩身が狭くなるほどの存在感です。

早速、瓢箪を10個程預けて、量産をお願いしました。
瓢箪はマサカロードをカンパラから一時間位南西に走ったカテンデというところで買って来ました。


何年も前から、ここを通るたびに、道路脇にディスプレイされた瓢箪が気になっていたのですが、今回は、ここを目的として、ガソリンを入れて買いに行きました。車内から見たら小さく見えたのが、近くで見たら大きくて、少し迷いましたが、ガソリン代を無駄にできず、20個程買い込みました。クリスマスツリーには大き過ぎるかも。
ロニくんは本当に絵がお上手!とわかったので、ブックマーク作りもお願いしてみました。

ところが、ロニくんは、お土産屋さんでよく売っている動物デザインのブックマークを見た事がなく、ナントンゴの説明も中途半端だったので、試作品は、脚がぶらぶらになりました。しかし、もしかしたらブックマークにするのはもったいない位素敵じゃない?という訳で、帰国してから、皮の裏にマグネットシートを貼り付けて、出来上がりました。新作のレザー・シュービル・マグネットです!
それにしても、キノコ王子の家族が皆でプロジェクトを理解して、手を貸してくれるって、幸せなことです。有難う、ヒラリー、有難うロニくん。
スポンサーサイト
まとめ / Template by パソコン 初心者ガイド

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。