Nantongo News2012年08月

手作りグッズでウガンダ共和国の人気アップを企てるプロジェクト活動日記です。

2012/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312012/09

NPO法人キ・アフリカさんが主催するクッキング・パーティーに参加しました。ウガンダ人のナッサンガさんとキノコ王子が先生で、ナントンゴは、生徒の一人でした。

今日は、ザンジバルとスーダンとウガンダの料理で、それぞれのお国の先生が、素晴らしい手際で、珍しいお料理を作ってくださいました。参加者は30名程で、和気あいあいと、先生に協力して、作っていきます。
ザンジバルのお料理は、サモサとフィッシュケーキ(カトゥレシ)。
スーダンのお料理は、オクラと牛肉のシチュー(ムラー・バミヤ)とグラーサ(クレープのような主食)です。食べたことのないものばかりで、ワクワクです。
フィッシュケーキは鮭とじゃがいもに生姜やコリアンダーや色々なスパイスが入って、衣のないコロッケのような形状です。下の写真は揚げる前の姿です。

スーダンの先生は、自宅から持参の器具を使って、オクラ、野菜、肉を潰しながらミックスする技が素晴らしいです。


そしてウガンダチームは、今日は金時豆と、バナナの煮込み(カトゴ)とカウンガ(ンガリ)に金時豆のスープでした。

ナッサンガさんは、素晴らしい速さで、固いバナナの皮を剥いていきます。
ニンジンをまな板を使わないで切る技に、生徒達から歓声があがります。

ンガリはトウモロコシの粉を熱湯に投入し、捏ねていきます。かなり力が必要です。


鍋から出したンガリ。

カトゴもできました。

ザンジバルのサモサとフィッシュケーキもできました。

スーダンのグラーサも、

いよいよ、食事会です。どれもこれも、美味しくて、ボリュームもたっぷりで、皆大満足でした。
講師達とアフリカが好きな参加者の交流もあって、ナッサンガさんもキノコ王子も満喫できたようです。
キ・アフリカさん、有難うございました!
スポンサーサイト
まとめ / Template by パソコン 初心者ガイド