Nantongo News2012年03月06日

手作りグッズでウガンダ共和国の人気アップを企てるプロジェクト活動日記です。

2012/02123456789101112131415161718192021222324252627282930312012/04

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ウガンダの旅から、早くも一月経ってしまいましたが、訪問中のとっても貴重な体験のご報告をまだしていませんでした。
バーククロス(樹皮布)の製作を見学することができたんです!
barkcloth1
(バーククロスの使用例)
伝統的行事で衣装として使われたり、お土産品の材料となるバーククロス製作は、ユネスコの無形文化遺産の傑作として登録されています。バーククロス作りが、マサカでも行われている事に、日本を出発前にネットで調べて気付いてしまいました。
「お祖母ちゃんの村でも作っているかしら???ひょっとして、製作現場を見学できないかしら?」とキノコ王子に、聞いてみました。
「うーん、叔母さんに聞いてみるよ。」と言っていたので、ちょっとだけ期待して行ったのですが、なんと、お祖母ちゃんの家(今は叔母さんが住んでいる)のお隣の家(少し歩きますけど)のおじさんが、バーククロス作りの職人さんだったのです。
叔母様は、日本から来た嫁の奇妙な願いを聞き入れて、隣人のおじさんに、バーククロス作りをナントンゴに見せるように、お願いしておいてくれました。
2012-2lubugo1
お隣の家へお邪魔します。
2012-2lubugo2
職人おじさんに会う前に、バーククロスとなる皮を提供してくれる木を紹介されました。
ムトゥバ(Mutuba)と呼ばれる木です。3メートル位の高さまでの幹の皮を使います。
2012-2lubugo3
近くで見るとこんな感じです。
2012-2lubugo5
マーマ(義理の母)とセンガ(叔母)は、仲良し姉妹です。二人もバーククロス作りを眺めることにしたようです。職人おじさんの登場を待ちます。後ろの山のようなのは、蟻塚です。その後ろはバナナの木です。

次回へ続く
スポンサーサイト
まとめ / Template by パソコン 初心者ガイド

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。