FC2ブログ
手作りグッズでウガンダ共和国の人気アップを企てるプロジェクト活動日記です。

2019/12123456789101112131415161718192021222324252627282930312020/02

Twitter
 

新しい年に皆様のご多幸をお祈りいたします。
本年もナントンゴ・プロジェクトをどうぞ宜しくお願いいたします。
昨年中は沢山のご支援を賜り、有難うございました。昨年初頭に皆様からお寄せいただきました手芸材料は、写真の様に個性的なオンリーワンのシュービルやチンプ達へと生まれ変わり、旅立って行く事ができました。今年も皆さんにクスッと笑顔になって頂けるような作品をお届けしてまいりますので、どうぞお見守りください。






この記事をご覧になる皆様はご存知の通り、ナントンゴの活動の柱は、不用品をウガンダに届け、可愛い作品にアップサイクルして、日本に持ち込み、販売し、ウガンダの人々の収入アップに貢献しつつ、ウガンダの認知度を上げて行こうという事です。ウガンダへ行く際に手運びできる量の材料で行っていますので、大変小さな活動ではありますが、ご寄贈くださったお一人お一人の気持ちや、作り手の成長や、出来た作品へのお客様の反応等、受取れる感動はとても大きくて、皆さんとシェアしなければ受けとめ切れない程です。
今年も2月にウガンダ訪問を計画しております。その際にまた手芸材料を届けたいと思っていますので、新年早々厚かましいですが、不用品材料が皆様のお手元にございましたら、ご寄贈をご検討いただけますと幸いです。
頂く立場で恐縮ですが、ご寄贈を検討される方は以下のお願い事項を読み進めていただき、ダイレクトメッセージやメール等でご連絡をお願いします。
・募集するものは、ビーズ、糸、ジッパー等の、手芸材料と、シュービルのボディに使えそうなニット(ライトブルー、ピンク、明るいグレー、パープル等)や、チンパンジーの顔に使用できそうなカラータイツ等伸縮性のある古着と致します。(黒のタイツは沢山集まっていますので、今回は募集していません。)古着については、洗濯済みのものをお送りください。その他の物についてはお問い合わせください。
・お送りくださる際は恐れ入りますが送料は元払いにてお願い致します。発送する方のご負担が少ない様、少量を普通郵便等でお送りくださると助かります。
・一人で手運びしますので、今年のウガンダ訪問時に運びきれず、来年になったり、日本で手作りする材料として使用させて頂く事もあります。また、最終的に使いきれず、処分させていただく場合もあります事をご了承ください。
「お気に入りだったセーターに新しく命を吹き込んで、世に送り出したい」という気持ちをお持ちになりましたら是非、ご連絡をお願いします。
ナントンゴ
スポンサーサイト



10月1日より、千葉市動物公園展望デッキ下売店での販売商品の価格を変更させて頂く事になりました。

消費税増税だけではなく、材料費、航空運賃、制作・販売に、関わる様々な費用の変動に対応する為で、殆どの商品の値段が変更になります。ナントンゴのグッズを可愛がってくださる皆様には大変申し訳ないですが、何卒ご理解を賜りますようお願いいたします。
今後も、一つ一つのアイテムに改良を重ねて、お客様には、ウガンダの手作り品との出会いを楽しんでいただけるように努力を続けてまいります。
千葉市動物公園でナントンゴ・グッズのご購入を考えていらっしゃるお客様は是非、9月中にご来園をお願いいたします。
2019年5月18日午後6時半より葛飾区立石「自由の庭」にて特定非営利活動法人ナントンゴ・プロジェクトの第8回年次総会が行われました。

(写真は当日午後に「自由の庭」で開催されたナントンゴ・カフェのディスプレイです。)
皆様の温かいご協力に支えられ、活動8年目も無事に終了することができました。
総会にて承認された2018年度の活動に関する資料を以下にリンクしますので、ご覧ください。
2018年度活動報告(サポーター会員、一般の皆様へ)
2018年度事業報告(所轄官庁提出)
2018年度財務諸表
ナントンゴ・プロジェクトのホームページからもご覧いただけます。
毎年、総会前は決算資料と活動報告の取り纏め作業でエネルギーをほぼ使い切るのですが、同時に1年間の楽しかった瞬間、出会いや新作を総括できて、8年前から変わらず協力してくれる仲間やサポーターの皆様、作品に期待してくださるお客様への感謝を新たにする時期でもあります。1年で一番自然がキラキラしている時期(今年は暑過ぎですが)にこうしたフレッシュな気持ちになれるのは、有難い事です。
新しい一年も、今までのご縁を大切にしながら、小規模ながらも新しい広がりも模索し続けてまります。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
令和に入り最初の投稿は嬉しいお知らせです!

ウガンダでバッグ作りを行なっているファッションブランド、Ricci Everydayさんが東京代官山に5月11日に新店舗をオープンされます。ナントンゴの手作りリサイクルマスコットのシュービルとチンプ達も販売していただける運びとなりました。カラフルなRicci Everydayさんのバッグは、ナントンゴも大好きです。シュービルもとっても嬉しそう。
5月6日からのプレオープンに先駆けてRicci Everydayさんがクラウドファンディングを実施しています。あっという間に1st stageの目標額を達成して、ただいま2nd ゴールに挑戦されています。チャレンジの内容や、リターンやプレオープンイベントの詳細は、こちらをごらんください。→Ricci Every 日本初店舗オープン
https://camp-fire.jp/projects/view/149020

皆さまも、ワクワクを一緒に味わっていただけると嬉しいです。
令和の時代もよろしくお願いいたします。
新年あけましておめでとうございます
2019年の皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます

2009group
写真は2009年1月に初めてウガンダで人形作りを行って帰国する前夜の集合写真です。
瞬く間に10年が経ち、少年少女は立派な若者達へと成長しました。
ナントンゴはというと、老眼鏡無しでは、何も作れず、劣化の一方ですが、ナントンゴ・プロジェクトの方は、この写真から2年後に10名の仲間を得て法人を設立し、その後も細々とではありますが、手芸作品を通してウガンダの魅力を紹介するという事を続け、活動の場も少しずつ広げてくることができました。
10年の節目を迎えることができるのは、日頃活動を応援してくださる皆様のおかげです。
改めて、感謝申し上げます。
2019年もナントンゴ・プロジェクトをどうぞよろしくお願いいたします。
宮本啓子
 / Template by パソコン 初心者ガイド